毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

【泣ける】メンヘラアラサーの私が年下イケメン君に結婚前提の交際を申し込まれた

preview
1.増田さん

「結婚を前提に付き合いませんか?」と言われた。
6歳も年下の男友達に。
専門職についてて収入もそれなりにあり、資産もあり、そこそこイケメンで、たぶん女に不自由なんかしないだろうって感じの人に。

10年前から、統合失調症(陰性)+うつ病でほとんどひきこもってた、この私が。
もう、30歳過ぎてて。
在宅で仕事をしてるけど収入なんてささやかなもので。
出来ることと言ったら、家事だけで。
背も低いし、胸ばっかりおっきくてスタイルもよくない。
顔だって、童顔なだけで決して美人とは言えない。
ほとんどすっぴんで過ごしてるから、化粧もへたくそ。

一人じゃ外出できないし、人の多いところには行けないし、閉鎖的なところに長時間いられないせいで電車なんかも乗れない。
薬飲まなきゃ生活もままならない。
飲んでても、体調を崩して月に2~3日起き上がれなくなる。
たぶん、子供は作れない。妊娠中の10ヶ月間、薬なしで生活できるとは思えないから。

彼とは2年くらい友達関係を続けてるから、そういうあれこれを全部承知してるはずなのに。
たしかに、趣味も合うし、たまにケンカするけどすぐ仲直りできた。
大事なことになると言葉が出なくなってしまう私の話を、いつも根気よく聞いてくれた。

具合悪くして寝込んでると、いつもお見舞いにきてくれた。
一緒に出かけた先で具合悪くなって帰らなくちゃならなくなっても、嫌な顔されたことなんてない。
心配しかされたことない。

彼のことを大事に思ったから、だから、いつか可愛い女の子が現れて、彼を幸せにしてくれたらいいなって思ってたのに。

私と結婚しても、苦労を背負い込むだけじゃないのかな。
病気が、治るとは思えない。
少しずつ良くなるかもしれないけど、10年かかって、ようやく、薬を飲んで少し外に出れるようになっただけだ。
今より良くなるには、もっともっと時間がかかるんでしょ。
そもそも、統合失調症って完治する病気なの?

一般的な幸せを、与えてあげれない。
そういうことが頭をめぐったから断るべきだったのに、「考えてみる」と言ってしまった。

相談できる友達もいない。
引きこもり始めた最初の4年くらいで、それまで仲良かった友達とはみんな縁が切れた。
家族に相談するべきなのかもしれない。
でも、両親を無駄に期待させるのも、って思ってしまう。
私が彼と結婚したら、両親は安心できるだろう。いつも、自分たちが死んだ後の私のことを心配してるから。
「好き」か「嫌い」か、そういう単純なことで答えが出せるなら、楽だったのに。
それなら、答えなんか決まってるんだから、簡単だったのに。



2.名無しさん
2年の付き合いを経ての言葉。
彼の覚悟を信じてあげてください。
彼も同じぐらい悩んだと思います。
最後まで、あなたを支える覚悟があるかどうか。
そうして出した答えだと思います。
お幸せに。あなたも彼も。


3.増田さん
1年くらい前、日記を書いた増田です。

3月22日に、このときの彼と、入籍しました。
この後、「いろんなところが出来損ないですが、よろしくおねがいします」と付き合い始めたのが、4月。
「出来損なってるところなんてないよ、ちょっと調子が悪いだけだよ」と言われました。
相変わらずデートは人の少ないところ、開放感のあるところ、に限られていましたけど、
今まで手を繋いで歩いたりなんかしなかったのに(歩調は合わせてくれていたけど)、
「手、繋いでいい?」と言われて、そうか、彼氏彼女だと手を繋ぐんだ! と思いました。

そんなこんなで、9月頃から私も、いつまでも引きこもりの身に甘んじていてはいけない、と思い、
病院の先生に相談して、障がい者就労支援施設B型事業所、というところに行き始めました。

そこは、私のように引きこもりで外になかなか出られない人や、周囲とうまくコミュニケーションが取れない人などが集まるところで、とりあえず、リハビリ的に「毎日外に出る」を目標にがんばりました。

風邪を引いたとき以外は休みなく通いました。
彼は、「無理だと思ったらすぐやめるんだよ」と言いながらも、応援してくれました。
それに、家族の助けが、何よりありがたかったです。

外に出るとなると、それなりにお金がかかるし(服が必要だったり、化粧品が必要だったり)、
朝は洗濯物干したりっていう時間が取れるけど、帰りが5時な上、外に慣れないのでぐったり疲れて、
洗濯物の取り込みや、夕飯の支度が出来なくなったりしてしまって・・・。

でもそこを、「出来る人がやる」(うちは、父、母、兄なのですが、みんな家事が出来るので)というふうにして、
乗り切ることが出来ました。

10月、彼の誕生日に、正式にプロポーズされました。
このときは、「はい」って言いました。


薬は、相変わらず飲んでいます。
だから、たぶん子供は無理だと思います。
そこのことで、彼の両親には最初、反対されました。
当然だと思います。
でも、彼が熱心に両親を説得してくれて、最終的には彼の両親が納得してくれました。
義母になる方は、レザーを使ってバッグや小物を作っている方で、
彼とお揃い(形は少し違うけれど、デザインはお揃い)のバッグを記念に作ってくれました。

彼の両親に会った後、うちの両親に報告しました。

両親は、
「ふつつかな娘で大変でしょうが、よろしくおねがいします」
と、彼に頭を下げていました。
彼は、
「ぼくは彼女といて、楽しくなかったことがないので、大丈夫です」
と笑っていました。

結婚式は、両親と祖父母だけ呼んで、小さなチャペルでしました。
結婚後のことを考えて緊張したりで、当日、痩せてしまっていて、用意していたドレスのサイズが合わなくなってました。

(それで急遽、下のサイズを用意していただいた・・・)

ドレスは、ビスチェ+首から袖部分がレースになっている、Aラインのものを着ました。
母より父がものすごい泣いてて、鼻がずるずるでした。本人は、花粉症だ! って言い張ってました。
披露宴はなしで(なにせ、私にリアルの友達がいないので・・・)、家族でレストランで食事をしました。

今週末には、彼と共通の友人たちが、お祝いパーティをしてくれるらしいので、楽しみです。

お祝いパーティの後、新婚旅行に行きます。
飛行機に乗れないし、新幹線も長時間はまだ無理なので、車で、京都嵐山の温泉と、神戸に行ってきます。
桜が咲いていると、うれしいなと思います。

前に書いた記事にレスくれた方、見てくれるかどうかわからないですけど、ちょん、と背中を押してくれて、ありがとうございました。


4.名無しさん
増田のものの見方が優しいからなのかもしれないけど、お互いの家族がいい人ばっかりなので読んでてすごく幸せになれる。
おめでとうございます。


5.名無しさん
昔、この彼氏のような立場だったことがある。婚約もしてた。
一緒にて本当に楽しかったけれどそれでも心の中に少しずつもやもやが溜まっていってついには別れてしまった。
適度に依存し合って末永く続いていってほしい


6.名無しさん
前記事も合わせて読むとホントに涙腺刺激される。
人間は誰しも不完全で、だから誰かと一緒に暮らしていくんだろうなあ


7.名無しさん
仕事中なのに不覚にも涙が・・・。おめでとう。素敵な旦那さんに乾杯!


8.名無しさん
ぐ、ぐ、ぐぅぅぅ~~!!!(叩こうと思って開いたら叩ける内容じゃなかった)


9.名無しさん
俺が増田をやめられない理由はふとこういうエントリーに出会えるから


10.名無しさん
こういうイケメンってどこから産まれてくるの、神聖なる大樹の根元とかなの


11.名無しさん
こんなような幸せが誰の身にも訪れるようになったらいいな。


12.名無しさん
釣りだろ? 目から温泉が吹き出てる。
釣りじゃないなら幸せになりやがれ最高の彼氏じゃない旦那さんだw


13.名無しさん
うんうん。
でも結婚はやっぱり、通過点でしかないから、「幸せにするよ」なんて宣言よりも、お互いのことをもっと理解していこうという気持ちが大事だよ。
これからも彼氏についての興味を失わないようにしてください


14.名無しさん
映画化決定?


関連ページ:【泣ける話】体がブッ壊れたので彼女と別れたい

114982恋愛&婚活の件で吐き出したいことはこちら
学校の黒板と文房具のバナー2