毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

【修羅場】今週妻が浮気をする。現場に乗り込もうと思うがどうしよう?

E1327286598017
ソース元 今週妻が浮気をします。


某恋愛相談掲示板にて、長年寄り添った夫婦が妻の浮気によって離婚の危機に直面しているという相談が多くの反響を呼んだ。
2004年の書き込みなので古いが、なおも「役に立った」相談の第一位を誇っている。
相談は以下のとおり。 「子供が2人おり、妻は仕事をこなしながら家事子育ても完璧。W不倫している以外は不満がないのだけど、抱こうとすると拒まれたり文句を言われたりするので我慢ができなくなってきた。
たまたま今週浮気相手と会うのを知り、現場に乗り込もうと思うが、どうすればいいか」
goo

それに対するレスポンス
・浮気の証拠をつかんで、離婚しなさい。
・浮気がわかってるような仕草をして相手の反応をうかがう
・何を悩んでいるのか。ちゃんと証拠をつかんでいることを率直に話して浮気を阻止すべき。
・離婚するにせよしないにせよ不利益をこうむらないように証拠は保管しておくこと
・浮気相手をぶん殴れ
・許すことを視野に入れるなら奥さんがどんな程度の覚悟で浮気をしてるのが見極める
・火遊びしたらヤケドするってことを思い知らせるべき
・浮気相手に電話をし、妻と別れるように説得し、男同士の話をする。
・共働きで家事も完璧だというのだから浮気に走らせる原因は自分にあるのでは?
・殴るのも泣きつくのも賢明ではない。冷静に証拠をつきつけましょう
・家事をきちっとやっているので、奥さんは離婚する気がなく、不倫は遊び程度。
・奥さんに惚れていて別れたくないのであれば泣いてもいいから人間的な話し合いをすればいい。
・暴力は不利益しか生まないから絶対にダメ。浮気相手に走らせる口実になる
・W不倫なので浮気相手の奥さんに「夫が暴力振るわれた」に焦点がいく
・浮気癖がある人は楽しいことを優先でリスクを重く考えない。経済的に自立してるならなおさら。
・奥さんは寂しいだけだと思う。精神的に満たされれば他に走らない
・修羅場では会話を録音して合法的に用意周到にびびらせましょう。
それらに対する相談者の考え
・最初は現場に乗り込んで浮気相手を殴ってやろうと考えていた。
・妻は今までも年上妻子持ちに魅力を感じ、浮気をしてきた。
その魅力は幻でただ遊ばれていることを知らしめてやりたい。

―実際に浮気現場で相談者がとった行動
現場に乗り込んだ相談者は、うむを言わさず離婚をたたきつけるという行動に出た。
以前は浮気されたら許してしまったが、下手に回ることがお互いにとっていいことにならないと考えたそうだ。
妻は「しょうがないね、こんなことやってしまったんだから」と潔く言い放った後、「でも離婚はしたくないけど」という本音が出ていたが、相談者の心はすでに折れていた。

それに対するレス
・「しょうがないね」は彼女の本心じゃない。彼女は反省してないんじゃなくて、あなたが許す隙を与えなかったので責任を取るつもりで言ったんだよ。あなたが本当はどうしたいかを彼女に問うべきだった。
・奥さんは自分からどうこうしたいと言えた立場じゃないので潔い態度に出ているだけ。お互い別れたくないのがホンネではないのか。
・たとえ離婚しなくても相談者さんが多忙な仕事をやめない限り奥さんの寂しさは埋まらず、浮気を繰り返すでしょう
これらのレスを受けても相談者は妻に対する不信感があり、やはり離婚の道しかないと考えていたが、この後状況がドラマのように急展開した。
妻になりふりかまわず「別れたくない」と土下座され、17年間が終わったと思った。
最後に一言声をかけようと思いました。
「俺は心の底から君を愛していた。ほんとに好きだった」そこまで言ったのは覚えています。
しかしその瞬間、今まで経験した事のない感情に襲われました。
感情が決壊して濁流となって噴き出したようでした。号泣?嗚咽?私は大声で泣いてました。変な声で。
止めようとしても駄目。まるで5歳位の子供のようだったと思います。
自分でも、身体が小さくなっていくような不思議な気分でした。
「ごめんね、ごめんね」気が付いたら、妻も泣いてました。
「今でも好きだから、だから別れて下さい」
「いやだ私は別れたくない」そんな会話を繰り返していたようです。
上の子が起きて来て2人の間に入ってきました。
それでも私の涙と声は止まりませんでした。
どれくらい泣いていたかはわかりませんが、泣き終えた時、今までのことが無かった事のように気持ちが楽になっていました。
私はどんな顔をしていたんでしょう?彼女の顔からは険が消えていました。
そして・・・どうやら僕は全てを許したようでした。

最後の部分は完全に引用させてもらったが、相談者の文章がよかったのでそのまま使わせてもらった。
子供が2人の間に入ってきたのがまたよい。子供は2人の状況を敏感に感じ取っている。
その後、2人の関係は結婚当初のようにいい方向に向かっている、とのこと。

「子供のことを第一に考えて」という意見が多々見られ、離婚した方がいい場合もあるが、一番いいのはやはり両親の仲が再び良好になることだ。この件ではむしろ絆が深まったかのような印象を受けた。
17年の絆の深さを見せてもらったような気がする。

お互い意地を張り合って本音を言わず誤解したままで離婚というのは、結婚というものがあまりに軽すぎる。
ましてや子供がいるケースでは。
浮気は信頼ともいうべき「絆」を破壊するものだが、浮気だけでは簡単に破壊できないものもまた「絆」だ。
もちろん今後も同じことが繰り返されないという保証はない。
だが、新たな絆が生まれたことで2人の関係がまた以前とは違う深いものになったと信じたい。

関連ページ:メンヘラフリーターC子からA夫を略奪するためB子が家へ乗り込んだ件
スポンサードリンク