毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

【失恋】恋人に尽くしたのに振られた場合、復縁の可能性あり?

WS000001_2014010505301970c
ソース元 マヤの頭の中


恋愛でも婚活でも同じことが言えますが、大好きな相手であれば尽くしてしまうものです。
でも、尽くしたはずがなぜか振られてしまった、ということがよくありますね。
その場合、復縁の可能性があるかどうかについて考えてみたいと思います。
振られてしまった理由としては以下のことが考えられます。
①尽くし方が相手にとって重荷でしかなく、自己満足でしかなかった

相手の望むことであればまだしも単なる善意の押し付けであったり、尽くしすぎて保護者状態になって恋愛対象でなくなったり、相手がわがままに振り回される方が好きなタイプだったりすると、やり方を完全に誤ってしまっています。
そもそも相性が合わなかったのだと言い換えることができます。
復縁の可能性はゼロではないけど少なそうです。

②相手に他に好きな人ができた
あなたに特別な問題がない限り、単に条件のいい方に行ってしまったこと(年齢・外見・年収等)が考えられます。
ここで、条件で選んだ相手との相性が悪かったり性格に問題があった場合、復縁の可能性があります。
「自分は条件がいいから選べる立場」と自覚している人は尽くされることに慣れている場合が多々あります。
あなたに尽くされてきた元恋人は、逆に尽くさなくてはならない相手に抵抗を覚えるかもしれません。

③あなたの愛にあぐらをかき、自分の価値を過大評価し、もっといい人がいるはずと勘違いした
これが一番復縁の可能性が高いでしょう。
そもそも同じレベルの者同士が付き合いに発展するものです。
自分を過大評価しているだけなので身の丈以上の人を追いかけてもうまくいきません。

②③に関しては、別れた後の対処法を間違えなければ、復縁する可能性があります。

振った側には「振らないで交際を続ける」という選択肢があった。
振られた側には選択肢がなかった。


選択肢がないということは迷いを生まないので、それが強みでもあります。
振った相手には選択肢があるため、もし選択肢を誤ったと気付いた場合、悔やんでやり直せるものならばやり直したいという動機が発生します。
だから、復縁の可能性があります。
交際中、相手に適度に尽くしていたのであれば、復縁の可能性を信じ余裕で構えていましょう。
そもそもそんな自分を振った相手なのだから、執着するのは心の無駄遣いです。
余裕で構えていれば、相手に執着することなく、ポジティブになって次の新たな出会いにも繋がります。
振った相手が復縁を申し出た時にはすでに相手に冷めていたり、他に恋人ができていたら、結果的に振られた方が立場が上だと考えられます。

もし振られた側が未練を抱くとすれば、交際中に相手の望むことをヒアリングできてなかったり、交際中にいくつもの選択肢を間違えてしまったため相手に愛想をつかされフラれてしまった、などが考えられます。
そういう場合は、誠意を持って「今後同じ過ちを繰り返さない」と相手に誓えば復縁できるかもしれません。
こういう時こそ後悔で苦しむものです。

交際中は、好きな人と付き合えたことに感謝し、ぜひ後悔のない付き合い方をしたいものですね。
ただし、尽くす相手をくれぐれも間違えないように。

スポンサードリンク
【電話占いヴェルニ】会員&募集
~恋する占い~【恋愛ドクター】
電話占いの【ULana(ウラナ)】