毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

【婚活体験記】甲斐性なしの男にフラれたったwwww

20120704_kitty_46
ソース元 マヤの頭の中
※2chまとめ記事の間にちょこちょこ管理人自身の婚活体験記が入ってきます。あしからず。


婚活サイトで出会った41歳男性。
親の遺産で買った株と債権の配当金だけで生計を立てている人だった。 タバコを吸い、パチンコを少々やり、車は運転できず、今は働いていないということがひっかかった。
前職では役職についていたが会社が倒産し、途方に暮れていたところ株が大化けし、今のような生活をしているという。
昔から働く気のない人はアウトだったが事情があるのでさほど問題ではない。
怠け者で遊び人でない限り、職場でのストレスを持ち帰ってDVしてしまう人よりもいいと考えた。
悠々自適に暮らしている人は精神的に余裕ができ、円満な家庭が築けるので理想形に近いかもしれない。
まずはスカイプでビデオ通話。

男性「いろいろ気になることがあると思うので何でも質問を受け付けますよ」
私「普段何をされているんですか?」
男性「DVDを鑑賞したり、本を読んだり、友達と飲みに行ったりしています」
私「スポーツとかされていますか?」
男性「特に何もしてないです」
私「私は今ジムに通っているんですが、結構楽しいですよ」
男性「そうなんですか。多分私はジムは続かないと思うな」

少し突っ込んだことも聞いてみた。
私「株と債権だけの生活って不安はないですか?」
男性「詳しくは言えないけど貯金1000万程度の一般サラリーマンよりずっと安泰だと思う」
私「サラリーマンに戻る予定はありますか?」
男性「宝くじにあたったようなものであくせく働く必要がないので今のところはないです。財政破綻しないように家計簿はしっかりつけていますよ」

しっかり管理できてる人であれば問題ないのだけど、妻にはどうしてほしいのだろうか?
妻には働いてほしいとなると、妻が働いてる傍ら夫が遊んでいるとなると尊敬できるだろうか?

・・・これと同じ原理で世の男性たちは専業主婦希望の女性たちを敬遠するのだろう。

甲斐性がないところに恋愛感情が芽生えるかどうか不安なところがあったけど、まずは会ってみることにした。
身長が高くオシャレで体型がしっかりしてるせいか、髪の毛が薄くても全く気にならなかった。
話をしてみると適度に盛り上がった。

その中で少し気になった話題があった。
男性「前に10歳年下と付き合った女性がいたんだけど、甘えてこられすぎたので別れてしまった」
私「甘えてこられるってうれしいことじゃないんでしょうか?」

質問をしながらも、多分金銭のことだろうなと容易に想像がついた。

男性「彼女の給料が12万だったんですよ。安月給で大変だなとは思ったんだけど、やっぱり頼られすぎてしまうとね」
私「なるほど。確かに全部頼られてしまうと引いてしまうかもしれませんね・・・」

20代前半のかわいい子だったらしいので、特に悪気もなく、奢られ慣れしている彼女の中ではそれが当たり前のことだったのかもしれない。
その考えを今すぐ改めなくては大変なことになるよ!と彼女に伝えたい気持ち。

別れる時、私が改札を抜けて見えなくなるまで手を振って見送ってくれた。
これが分かったのは、私がフェードアウトする寸前に振り返って見送ってくれているか確認したからだ。
わざわざそんなことを確認してるの?面倒な女だなと思われるかもしれない。
かくいう私自身、同じく必ず去る相手を最後まで見送るようにしている。
見送った相手に気付いてもらえた時に印象付ける効果が抜群なことは言うまでもない。
もしこれを実践している人であれば、気付いてもらえるとうれしいと思うからだ。

湧き上がる恋愛感情はないが落ち着いた人で結婚するのに理想的な人だと思った。
デート中は始終優しかったため、きっとこれから好きになれるだろうと思った。

デートの後すぐに「今日はすごく楽しかったです。よかったらこれからもよろしくお願いします」とメールをすぐに送った。
すると「ちょっと考えさせてください」とメールが返ってきた。
あぁ、これはダメなパターンだな、と思った。

予想通り、翌日ごめんなさいメールが届いた。
理由は「贅沢かもしれないがときめきがほしい。ときめきを感じる相手でないと結婚はしないつもり」というものだった。
ときめきは私も感じなかったのだけど、お互い結婚に求めるものが違うのであれば仕方がない。

お互いにスカイプでビデオチャットしているので、見た目の問題でないとすれば仕草や雰囲気の問題かと思って、今後の参考のために「どんな相手にときめきを感じますか?」と聞いてみた。
「よく分からないけど、友達に紹介したいって思える女性かな?」というふわっとした回答が返ってきて参考にならなかったのが残念だった。

婚活はこういうことの繰り返し。
さ、次いこ、次~~!