読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

少しおバカな彼氏が「男は1回で1億滴放出するから疲れる」とほざき、ドヤ顔で誰もが知ってる医学の知識を披露

冷めた瞬間

880: 名無しさん@おーぷん 2015/01/22(木)13:01:31 ID:0Sk

最近付き合いだした年下の彼氏の話
保健体育の話だけど、ちょっと下品かも

彼のことは前々から、ちょっとバカかなーくらいは感じてた
数日前、彼は鼻息荒く語りだした

 

女の出産は命がけっていうけど、男だって大変だ
男のセーシには一億の生命の源がうんたらかんたら
一億だよ?すごいでしょ?

そんなのとうの昔に保健体育で習ったし彼氏は最近テレビで見たんだろうけど、成人した日本国民ははみんな知ってるよと思ったけど
「医学の知識をお裾分けしてやった」といわんばかりのドヤ顔で、本人も悦に入ってる様子だったので「へーすごいね」と適当に相手した

その後ベッドで、コトが終わった後も
「男は1回で一億滴放出するから疲れる」とほざき、その後も本人的には「医学の知識」を披露していた

しかし、元々バカなせいか、微妙に間違って覚えており、一回で一億滴放出するらしい

「一滴に一億含まれてるんじゃない?」
「バカじゃない?一滴に一億も入ってるわけないじゃんwww笑わせんなよwwwハライテww」

ググって説明すんのも面倒なので放置した
しかし彼の間違った知識に興味が湧いて、一億滴って何リットルだろう?と計算してみた



お見合いパーティ情報


【閲覧注意】泊まりこみで仕事。どうしても耐えられず一旦シャワー浴びようと帰ることにした。夜中の帰宅だったのでそーっとドアを開けたら…


私がマンションを買って両親と暮らしてるのだが、私が居候だと勘違いしていた兄嫁と弟嫁が爆弾発言をした


【復讐】嫁『ウワキしてごめん』俺「良いよ」嫁『本当にごめん!』俺「うん。続けても良いよ?」嫁『ゴメンってば!』俺「だから別に…」→結果・・・・


私「それならあんただって淫売だな!ウトさんと小作りして旦那産んだんだからな!」 →トメから回りを凍りづけにする一言。「私は淫売じゃない!だって…」


元夫が刑事告訴され義実家は家を担保に示談金を払おうとしました…が、すでに元夫が使用済みですよ。残念!www


881: 名無しさん@おーぷん 2015/01/22(木)13:01:49 ID:0Sk
おおまかな計算だと、30滴が約1ccらしい
計算上、33.3滴を1ccとする

333滴=10cc
3330滴=100cc
33300滴=1000cc=1リットル
333000滴=10リットル
3330000滴=100リットル
33300000滴=1000リットル

 33300000滴×3≒1億滴 なので
1000リットル×3=3000リットル

一般家庭のバスタブが約200リットル
よって、1億滴はバスタブ15杯分

おまえのおいなり内部の容量はどんだけだよw

と、計算が終わったところで
股間に15個のバスタブくっつけた彼をイメージしたら氷点下まで冷めた
ちょっとバカで可愛いと思ってたけどすごいバカは可愛くないわ

私の部屋に転がり込んできたので、追い出そうと彼の荷物をまとめてたら「少年ジャンプ」が出てきた
もうすぐ30歳になるのに、ジャンプはないわ

ジャンプなんて小学校高学年男子の読み物だと思ってたのに成人して10年経った大人が読んでたことも衝撃


882: 名無しさん@おーぷん 2015/01/22(木)13:24:39 id:ng8

ジャンプに罪はない
中学生男子までは許してやって欲しい

ただ、その彼氏と別れるのには賛成

 

893: 名無しさん@おーぷん 2015/01/28(水)18:36:36 id:TKm
「間違った知識を冗談でわざと使う」っていうのが私と私の周りでの定番の遊びなんだ。
例えば食塩のことを塩化ナトリウムって呼んだり、英仏戦争を百年間間断なく続いていた戦争として扱ったり。
最近仲良くなったある男性(Aくんとする)も、この遊びに乗ってくれていた。
こんなアホみたいな遊びに真顔で乗ってくれるなんて、趣味が合うし優しい人だなあ…と思っていた。

ある日いつもとは違うコミュニティで選挙の話になった時、Aくんが「選挙箱なんてシュレディンガーの猫ですからね」と言った。
会話が一瞬止まって、他の人達は明らかにドン引きしていた。
私は(Aくんが純粋にアホだと誤解されている…)と思って
「これはAくんの持ちネタなんですよwわざとですw」と説明したんだ。
他の人達も「ああなるほど」と納得してくれた。

話が終わって解散した後、Aくんに呼び止められて「なんであんな事言ったの?」と聞かれた。
皆さんの誤解を解くためだ、Aくんがただのアホと誤解されないためだと説明しても、どうも話が噛み合ない。
最終的にAくんは「俺を馬鹿にするな」と言って帰ってしまった。
そこでやっとで気付いたのは、Aくんは間違った知識を冗談でわざと使っていたのではなく、それが正しい知識であると誤解して真剣に使っていたのだということ。

今まで一緒に相手の冗談に乗っかって遊んでいたと思っていたのに、
そう思っていたのは自分だけだったと気付いて恥ずかしくなった。
同時に悲しくもなって、淡い恋心は砕け散りました。



ソース元: 百年の恋も冷めた瞬間 Open