読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

身長低めの彼に告白され付き合ったが、私は180の長身。「男と歩いてるみたいで恥ずかしい」と言われた

冷めた瞬間
861: 名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水)06:41:11 id:XaZ
大学時代、1ヶ月だけ付き合った元彼に対する冷め話。
私の普段の服装に対してキレてきたから冷めた。
キレられたその場で別れた。

元彼は、女の子は彼氏の前では皆、絶対にフェミニンなふわふわしたワンピースを着て、ゆるふわに巻いた黒髪でいなきゃいけない思想の持ち主だった。

 

でも私はほぼ身長180cmで肩幅広め(スイミング教室通いの賜物)なルックス。
パンツスーツやクール系が引き締まってて一番似合ってるって言われるデカ女。
そういう女の子っぽい格好はしたいけれど、実際にしたら似合わなすぎて我ながら引き笑いするレベル。
そもそも、そういうフェミニン系は私の身長・肩幅にあったサイズがない。
Lサイズでもスカート丈がえらいことになり(酷いときはワカメちゃん一歩手前)、肩幅がギリギリ。
だから着ないというか着るの不可能。
だから、元彼の主張というか要求はかなり理不尽でどうしようもないものだった。

さらに何より堪えたのが、元彼の「そんな彼氏の前でズボン(スキニー)はいてる女が彼女とか恥だ。ただでさえ俺より身長高いのに、これじゃあ男と歩いてるみたいなもんだ。」って言葉。
もうコンプレックスに刺さりまくってダメだった。
今考えれば、「じゃあ最初から高身長女に告白すんなよ」って話なんだけども、当時はもう無理駄目だ絶対別れる無理ならコロスと思い詰め、氷点下まで冷めに冷めた。



お見合いパーティ情報


【閲覧注意】泊まりこみで仕事。どうしても耐えられず一旦シャワー浴びようと帰ることにした。夜中の帰宅だったのでそーっとドアを開けたら…


私がマンションを買って両親と暮らしてるのだが、私が居候だと勘違いしていた兄嫁と弟嫁が爆弾発言をした


【復讐】嫁『ウワキしてごめん』俺「良いよ」嫁『本当にごめん!』俺「うん。続けても良いよ?」嫁『ゴメンってば!』俺「だから別に…」→結果・・・・


私「それならあんただって淫売だな!ウトさんと小作りして旦那産んだんだからな!」 →トメから回りを凍りづけにする一言。「私は淫売じゃない!だって…」


元夫が刑事告訴され義実家は家を担保に示談金を払おうとしました…が、すでに元夫が使用済みですよ。残念!www


862: 名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水)06:48:44 id:Of5
>「じゃあ最初から高身長女に告白すんなよ」って話

ほんとコレだなw

866: 名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水)11:51:33 id:XaZ
>>862
本当それにつきるんですよ。
何で普通の身長でなおかつフェミニン系を好む女子に告白しなかったんだって。
しかも元彼は自分が平均より少し低い身長であることがコンプレックスって言ってましたし、もう何を考えていたのやら。
865: 名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水)09:19:41 id:ep9
>>861
女の友情と筋肉 のユイちゃんで脳内再生したことを陳謝いたします。
そんな男にアナタはもったいねえでございます。


866: 名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水)11:51:33 id:XaZ
>>865
なんのことかと思い、ググって笑いましたw
ユイちゃんマッスルだけど可愛い!
単行本あるみたいだし買ってみようかな…


879: 名無しさん@おーぷん 2015/01/22(木)05:49:41 id:Off

上のほうで服装にキレられ冷めた方がいたので便乗。
私の元彼は極端なギャルファッションというかピチピチでおしりが見えそうなショーパンやタイトミニが大好きなタイプ。

一方当時の私の服装は、ブラウスに長めのスカートをはいているような感じ。
体質的にお腹が弱かったため、膝上を露出し体を冷やすような服装は一切してなかった。

それを不満に思った元彼はある日、足を露出する格好をしないと別れるとのたまった。
この時点で結構冷め、私は冷え性で足を露出できないし別れようと言うとガチギレ。
通行人はいなかったが道のど真ん中で私のスカートの裾を掴み、「足出すぐらい簡単だろうが!ほらっ、ほらっ」ってぐいぐい持ち上げ引っ張る。
私はとにかくスカートを押さえつつ全力で抵抗。
すると運良く、振り回した腕が元彼の顎にクリーンヒット。
しゃがみこんだ元彼は放置で自宅まで全力疾走。
帰宅後はお腹を冷やしたのかはたまたストレスからなのか、2時間弱トイレの住人に。

トイレからなんとか脱出すると不在着信・メールの嵐。
共通の友人たちに根回ししたあと、元彼に連絡すると、「お前とは絶対別れる。この暴力女」と怒鳴られた。
こちらとしては願ったり叶ったりな訳で、元彼のお説教やら文句をはいはいと聞き流してた。

元彼は最後に、「せっかく地味なお前を派手にしてやろうと思ったのに!地味なくせに派手なやつらと仲が良いし生意気だ!」と叫んで電話を切った。
それ以降は会っていないが、あそこまで恋人に冷めたのは後にも先にも例がない。


ソース元: 百年の恋も冷めた瞬間 Open