読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

優しくて私のこと最優先だった彼だけど、嫉妬や束縛が強くて、キレると部活中に剛速球をブチ当てられるほどだった

40: 名無しさん@おーぷん 2015/04/10(金)00:09:25 id:KLz
高校生の頃に付き合った彼氏。
同学年だけど違うクラス、たまたま同じ部活に入部したのが接点。
ある日試合の時に私が怪我をしてしまったところに優しく声を掛けてくれて心配してくれた彼。
しばらくして怪我が完治した頃、「もう大丈夫なの?良かったね~」と言われてときめき、友人協力のもと猛アタックして告白→交際へと発展した。

 


付き合い始めてからもとても優しくて私のこと最優先だった彼だけど、交際3ヶ月頃からあれ?って思う事が増えてきた。
・クラスの男子と会話していると明らかに不機嫌になる
・雑誌にたまたま載っていた男性芸能人を褒めると明らかに不機嫌に
・アルバイト先に年齢の近い男性アルバイトがいるとわかると不機(ry
みたいに要は嫉妬深い。
そして一度不機嫌になると丸3日くらいは話しかけてもメールしても総無視される。

段々エスカレートしてきて最後には、彼が予定の無い休日に私が女友達と遊びに出かけると何故かブチギレられた。
「俺は暇なのに!俺のことはどうでもいいのか?!」と。
おかげで土日はほとんど彼と過ごし、部活が同じなせいで帰りも彼と一緒。
だんだん友達も誘ってくれなくなってしまった。
そして嫉妬深いが故に上記のような些細なことでキレられケンカする毎日。

キレ方も尋常じゃなく、最後には家の中を引きずり回された。
部活中に思いっきり背中にボールをブチ当てられた。
全国大会レベルの腕前だった彼のボールはきっと時速100kmは超えてると思う。もしかしたら200km行くかも。
今思うとサツジン未遂だよね。
当時の私はバカなもんでそこでようやく「この人危ない」と目が覚めた。


お見合いパーティ情報

【閲覧注意】泊まりこみで仕事。どうしても耐えられず一旦シャワー浴びようと帰ることにした。夜中の帰宅だったのでそーっとドアを開けたら…
私がマンションを買って両親と暮らしてるのだが、私が居候だと勘違いしていた兄嫁と弟嫁が爆弾発言をした
【復讐】嫁『ウワキしてごめん』俺「良いよ」嫁『本当にごめん!』俺「うん。続けても良いよ?」嫁『ゴメンってば!』俺「だから別に…」→結果・・・・
私「それならあんただって淫売だな!ウトさんと小作りして旦那産んだんだからな!」 →トメから回りを凍りづけにする一言。「私は淫売じゃない!だって…」
元夫が刑事告訴され義実家は家を担保に示談金を払おうとしました…が、すでに元夫が使用済みですよ。残念!www
私が惚れ込んでいて何を言っても離れていかないと思い込んでいた彼は、喧嘩のたびに「もう氏ね!別れよう」とメールをしてきていた。
その度にごめんね許してって言ってた私も、さすがにアホらしくなったので別れを決意してから初めての喧嘩の時に
「そうだね。彼男くんがそう言うなら別れよう。今までありがとうございました。」って送った。
冗談だと思ったのか彼は「は?意味わからんし。氏ね」って返事だった。
そりゃこっちの台詞だわ!って思いつつ、もうお別れの言葉も言えたので返事せずスルーしていると30分後に「おい!」とだけ催促するようなメールが来た。
かまってちゃんかな。

別れを決意したことを伝えたら急に弱気になって、泣きながら電話がかかってきたり色々あったけどどうにかお別れできた。
その後も2年くらいは粘着されて、毎年私の誕生日は彼のSNSにおめでとうと書かれていてゾッとした。

今はお互い違う人と結婚して子供もいる。
嫉妬深い性格やDVってなかなか直らないような気がするんだけど、奥さんが束縛やDV、モラハラを受けてないといいな…。
もし危険だと思ったら子供と一緒に逃げてほしい。
この前子供と立ち寄ったお店で元彼のお母さんにばったり出くわしちゃったので思い出しカキコ。


41: 名無しさん@おーぷん 2015/04/10(金)00:13:19 id:myZ
>>40
何部かわからないけど、プロでもないのに時速200キロのボールって…!??

こわっ


42: 名無しさん@おーぷん 2015/04/10(金)05:25:09 id:BFw
ピンポン?


43: 名無しさん@おーぷん 2015/04/10(金)10:37:51 ID:1fR
テニスかもしれない


47: 40 2015/04/10(金)23:08:10 id:KLz
部活はフェイク無しで書くと、日めくりカレンダーがバカ売れしてる熱血プロ選手で有名なあのスポーツ。

多分、普通の高校生の選手でもサーブは100km越えてるかな?
元彼は大会上位レベルだったので全力サーブだと目で追えないほどの球速。
それを背中にノーバウンドでくらいました。
ちょうど肩甲骨あたりかその下だったから息が出来ないし痛いしでサツジン未遂もいいところだった。
それを目撃した友人は何とも言えない顔して駆け寄ってくれて、私の身体の事以外にも余計な心配かけちゃったし申し訳無いわ…。
野球なんかでも打ったボールが胸に当たって亡くなる人いるよね。
私はすぐ起き上がって部活に参加できて何事もなかったけど、今思うとゾッとするよ…。


ソース元: 百年の恋も冷めた瞬間 Open 2年目