読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

妊婦の妹が妊婦の人権についてうるさいので、俺も「じゃお前がリーダーになって団体を作れ」と言うと、妹「それは違う」と全否定。

出産・妊婦
354: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 19:01:41.25 id:fsgEIoox.net
妊娠数か月の妹がここ最近、妊婦の重要性だのなんだのいちいちうるさい
「電車に妊婦が乗ってきたら優先的に席を譲るべき」から始まって、
「日本の社会は妊婦に冷たい」を経由し、
「国の将来を担う赤ちゃんへ福祉予算を使うべきだ」だの好き勝手言いやがる

 

なので俺も激しく同意した
「お前(妹)の主張はすばらしい
まずは市町村や都道府県の福祉政策あたりの窓口を訪問しろ
で、お前がリーダーになって任意団体を立ち上げろ
『赤ちゃんを守る会』などといった分かりやすい名称でいい
つぎに会員を増やすのと同時進行で雑誌やメディアに取りあげてもらうんだ
ウェブを立ち上げるのも効果的
とにかく地道に活動を続けるんだ
そうすれば民意も動いて三年、あるいは五年後ぐらいに夢が叶うだろうよ
お前のいう妊婦に優しい社会が少なからず実現できるはずだ」


そしたら嫁も喜んでくれた
「その頃だったら私もきっと大助かりだ」


でもなぜか妹は「それじゃ意味がない!!」
と全否定しやがる

妹、何が言いたいのかさっぱりわからん



お見合いパーティ情報


【閲覧注意】泊まりこみで仕事。どうしても耐えられず一旦シャワー浴びようと帰ることにした。夜中の帰宅だったのでそーっとドアを開けたら…


私がマンションを買って両親と暮らしてるのだが、私が居候だと勘違いしていた兄嫁と弟嫁が爆弾発言をした


【復讐】嫁『ウワキしてごめん』俺「良いよ」嫁『本当にごめん!』俺「うん。続けても良いよ?」嫁『ゴメンってば!』俺「だから別に…」→結果・・・・


私「それならあんただって淫売だな!ウトさんと小作りして旦那産んだんだからな!」 →トメから回りを凍りづけにする一言。「私は淫売じゃない!だって…」


元夫が刑事告訴され義実家は家を担保に示談金を払おうとしました…が、すでに元夫が使用済みですよ。残念!www


355: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 19:12:36.93 id:LLcLmnQb.net
妹が主張したいのは、「妊婦」じゃなくて「妊婦の私」
「赤ちゃん」じゃなくて「私の赤ちゃん」なんだろうな


356: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 19:20:33.66 id:fsgEIoox.net
>>355
まあ結局はそれなんだよなw


357: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 19:27:47.54 id:LLcLmnQb.net
妹自身は妊娠する前、妊婦や赤ちゃんに優しかったのか聞きたいわな


358: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 19:58:12.45 id:actKPv3Y.net
女の政治家って妊婦や子育て支援ばっかで、それ以外の男性や老人など自分と属性が遠い人には冷たいから投票しない。


359: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 20:05:50.91 id:netkrulq.net
>>354
なんかものすごく爽快な仕事ぶりだ。
おかげでなんだか知らんが元気が出たよw


360: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/15(日) 22:43:22.43 id:p8808jrY.net
>>354
ワロタ。
相手の意見を全否定じゃなくて全肯定したら、逆に相手が全否定してきた。


362: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/16(月) 11:21:11.30 id:UJibpYxn.net
ふとこのコピペを思い出した

921 名前:774RR[sage] 投稿日:2009/05/14(木) 16:24:00 ID:1RWK2aJy
ある日、マタギのところへ動物愛護団体の人が名刺を出して
「なんで熊をコロすのですか」と抗議にきたそうな。
マタギの爺さん曰く「生きていく糧と伝統」と説明するも、愛護団体側は「動物をコロすなんて(以下略)」と聞く耳を持たない。
それから連日抗議に来るので、煩わしく思ったマタギは知人に頼んで一芝居をうつことにした。
今日も今日とでマタギに難癖を付けにやってきた団体様。
そのタイミングを見計らい、近所の知人がやってきて「里に熊が出てきた様だ、心配だなー」と一言。
それを聞いて青ざめたのは団体の連中。
どうやらマタギをこらしめに来たはいいが、熊に襲われることは想定してなかったようだ。
恐怖を感じた団体の連中は、マタギの爺さんに「私が熊に会っても・・・安全に帰れますでしょうか?」
と振るえながら尋ねる始末。
そんな情け無い連中に、マタギの爺さんはこう返してやった。
「熊に遭ったら、あんたの名刺を見せればいいじゃないか。動物愛護団体だとわかれば熊も襲ってこないだろう?
襲われてもそれはそれで、愛すべき動物の糧になれるんだから名誉なことじゃないか。
それとも、まさかあんたら俺を警護につけて、『私達の安全のために、熊が襲ってきたら撃ち殺してください』 なんて言うつもりじゃねぇよな?」