読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

姑が「金目当てだろ」「あんたのせいで~」「息子とは一卵性親子だからハァト」という典型的なクソトメだった。

姑・小姑・舅
183: 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)09:07:07 ID:2bv
離婚する前の話。
すべて元が付きます。
次男妊娠を機会に、大トメとまだ50代前半のトメと同居が始まりました。(ウトは離婚)
大トメは良くしてくれたけど、お察しの通りこのトメが曲者。
金銭面大トメにおんぶに抱っこ、掃除もしてない汚部屋、料理は肉料理ばかり、近所の方の評判も最悪、だけどプライドは人並み以上にあり、嫁の私のする事は何でも気に入らない。
まぁ、よくいるクソトメでした。

 


「金目あてだ」
「あんたのせいで大切なものを沢山失った」
「私とあの子は(旦那)は一卵性親子だからハァト」
等々、散々言われ、最初は旦那は味方してくれていたものの、次男を出産のため入院して戻って来たら、すっかり仲直り、私だけが悪者になってました。
早くタヒねと祈る日々……でも50代前半、先は長い……と思っていたら、クソトメ肝臓癌に!!
性格悪いの承知で言いますが、本当ホッとしました。
でも旦那との溝が埋められない、そして愛情もなくなり、私が子供達を連れて実家に帰り、そのまま離婚しました。

その後子供を返せ!!と調停を起こされたけど、調停中ジサツ未遂をし(OD)、続行不可能な精神状態になり取り下げられました。
向こうは弁護士も立ててたんですけどね。
でも私一度は復縁しようとしたんですよ。
諸悪の根源のクソトメもどうも良くない状態みたいだし、わずかに残っていた情が、ジサツ未遂までしたあいつをほっとけない、という思いにさせて。

実際その10ヵ月後に元トメ永眠いたしました。
元旦那は相変わらず酷い精神状態で(元大トメ談)、夜中に家中私と子供達を探しまくったり、発作を起こして倒れたり、仕事も週3午後2時間とかしか行けないらしく。
一度は復縁も考えたけど、元旦那との幸せな家庭はどうしても想像出来ず、前を向く事にしました。
そんな状態の元旦那とその世話をする元大トメを考えると、正直心苦しくはありました。
本当元大トメは良くしてくれたし、元旦那も同居するまでは我が儘だっけど仲良く生活して来れたから。

それから数年経ち、縁があって再婚しました。
今の旦那は本当に本当に優しくて、旦那の親も尊敬出来る人で、とても幸せに暮らしています。
でも、私の再婚を聞いた元旦那がまたジサツ未遂をし、意識がないそうです。
私のせいで人がタヒぬかも知れない。
そう思ってしまう今が修羅場です。



お見合いパーティ情報


【閲覧注意】泊まりこみで仕事。どうしても耐えられず一旦シャワー浴びようと帰ることにした。夜中の帰宅だったのでそーっとドアを開けたら…


私がマンションを買って両親と暮らしてるのだが、私が居候だと勘違いしていた兄嫁と弟嫁が爆弾発言をした


【復讐】嫁『ウワキしてごめん』俺「良いよ」嫁『本当にごめん!』俺「うん。続けても良いよ?」嫁『ゴメンってば!』俺「だから別に…」→結果・・・・


私「それならあんただって淫売だな!ウトさんと小作りして旦那産んだんだからな!」 →トメから回りを凍りづけにする一言。「私は淫売じゃない!だって…」


元夫が刑事告訴され義実家は家を担保に示談金を払おうとしました…が、すでに元夫が使用済みですよ。残念!www


185: 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)09:19:58 id:Sxo
あなたのせいじゃない
いろいろあったし、修羅場だと思うのは構わないと思うよ
でもあなたのせいじゃないね


186: 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)10:46:27 id:yaQ
>>183
トメ憎しで気づいてないかもしれないけど、半分以上は元旦那の自業自得だよー。
トメを大切にするのは悪いことじゃないけど、それ以上に妻子に愛情持って支えていれば何でもなかったこと。
それができなければ夫失格。
いつまでもママンの可愛いムチュコタンで、なおかつ嫁にも子供にも愛されるパパでいたいなんてムシが良すぎる。

結局、元旦那は体の大きい子供でしかなかったんだよ。
離婚引きずってもちゃんと社会生活してる人はごまんといるし。
だから、あなたの責任なんて欠片もない。
今の家庭を大事にして、幸せでいることがあなたの仕事さ。
ガンガレ!

187: 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)11:52:23 ID:9nZ
オオトメも気の毒だけどな。
まあ、トメの母親ならあんまり同情はできないね。


ソース元: 今までにあった修羅場を語れ【その8】