読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

嫁の聞き間違いが生活に支障をきたすくらい異常。聴覚検査はいい結果だし原因不明。

修羅場
338: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)16:07:17 id:uqN
嫁の耳に衝撃を受けました
嫁は付き合う前からよく変なことを言って人を笑わせていました
例えば
「この前ヤマジがさぁ」
嫁「え?鼻血?」
「あの人は天上の人だよねぇ」
嫁「え?ドジョウの人?」

 

ずーっと冗談だと思ってたんですが、冗談ではなく本当に聞き間違いをしていることが解りました
その聞き間違いがここ半年でかなり悪化して、普通の会話をしていて噛み合わないことがよくあります
酷くないものだと
七五三をいちごさん
河辺を山辺
村上を紫
山村を澤村
山根ですを山辺す
酷いものだと原型すら留めていない事も多いです
で、病院に行ったところピーという音が聞こえたらボタンを押すという検査をすることになりました
すると、なんとものすごーく耳がいいことが判明!
小1の子どもと同じくらいの健康な聴力を持っているとのことでした
結局聞き間違いの原因は分からないままでしたが、嫁は聞き間違いの酷さから仕事での電話対応ができなくなり、仕事をやめる羽目に

健康な耳で私生活に問題出るほどの聞き間違いをすることに衝撃でした


339: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)16:11:51 id:xie
>>338
それは耳じゃなくて脳の異常では?


340: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)16:13:47 id:uqN
>>339
脳はCTをとりましたがなんともなかったですね


341: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)16:18:13 id:S7q
耳からはいった情報を脳で言葉に変換するのが困難になっているって事?
だとしたら厄介だね。
一度検査してもらった方がいいかも。
聴力検査では脳の異常は見つけられないから。



お見合いパーティ情報


元汚嫁『何でもするから、通帳と印鑑貸してくれない?』俺「うむ」娘「お父さん正気?!」と激怒→娘に種明かしをした結果w


【前編】別居後、妻子のいる家を見に行ったら…生活感ゼロ。子供はどこへ?!→1ヶ月後、子供がやっと口を開いた。徹底的制裁を決意→流れ弾で、嫁の雇い主も人生破滅。嫁は発狂!


【末路】鬼畜問題児S『赤ちゃんにセメダイン^^』→数十年後。私「S、今どうしてる?」→「知らないの…?」と同級生は皆、ギョッとした顔でこっちを向いた


【衝撃の連続】警察「奥さん覚醒剤で現行犯タイホした」→家宅捜査キタwマジでどうしてこうなったw→な ん だ こ れ・・・床下にとんでもないものが!


スーパーでドーナツ1個買って3万円請求され、、私とレジの人が同時に固まってしまった結果wwwww


私はキスをしたそうな夫を無視して出勤した。それが生きている夫を見た最後だった。


俺「事故だし警察呼ぼうか。」DQN「は?ゆすってんすか?俺○○組の幹部知ってるんすよ」俺「www」


国際便の機内ですごく愛想のいい金髪のCAさんに「ビーフorチキン」って言われたから戯れで「YOU」って言った結果wwwwww


342: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)16:23:07 id:uqN
>>341
おそらくそうだと思います
家での電話のやり取りは
相手「山辺です」
嫁「浜辺さんですね」
相手「いえ、や・ま・べ、です」
嫁「は・ま・べ、さん?」
相手「やー!まー!べー!です」
嫁「え?え?」
こんな感じです
何度行っても聞き取れないので、相手を不快にしてイライラさせてしまうみたいです

聞き取った会社名や担当者名が間違っている
聞き取った商品名が間違っている
相手が確認のため聞き直した名称が間違っていたが、嫁は気づけ無かった
声質によっては殆ど聞き取れない
会社ではこれを繰り返して首になったそうです


343: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)16:25:01 id:xie
CTとったなら今すぐどうこうな問題はないと思うけど
小さい脳腫瘍とかはMRIのほうが見つけやすいらしいよ


344: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)16:33:56 id:uqN
>>343
それもとりましたが何ともなかったです
嫁が「聞こえているし知ってる言語なのに何を言ってるのか解らなくて気持ち悪い」と言うのが可哀想です


345: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)16:42:56 id:z0x
「ビッグバーガーをセットで」
「ビッグバーガーを1000個ですね」
「業者か俺は」


352: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)22:08:26 id:ZNs
それは単に聴力だと思う 
耳鼻科で検査してもらったほうが良い
聞き取れていないと思う  
けっこう耳聞こえてないんじゃないか


353: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)22:48:57 id:uqN
>>352
音自体は聞き取れるんですよ
細かい物音とか日頃からすごくよく聞こえてますし、それは検査済みです
イヤホンを使ったりしないので、聴力自体はとてもいいです
問題は聞こえている音の子音が聞き取れないことです
嫁はピアノ、リコーダー、アルトホルン等いくつか楽器をしていたので、年代物の楽器と安い楽器の音の聞き分けなんかもできます
絶対音感もあるので音階もわかるみたいです


355: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)23:39:38 id:BGk
>>353
精神科を受診してみたらどうだろうか


356: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)23:40:52 id:L34
>>353
脳じゃなくて耳の可能性が高いと思う。
「聴覚処理障害ではないか」と云って耳鼻科を受診してみる事をお勧めする。


357: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)23:57:51 id:uqN
>>356
音の検査をしたのも耳鼻科だったんですが、別の耳鼻科の方がいいですかね
ちょっと調べて嫁と相談してみます


358: 名無しさん@おーぷん 2015/01/07(水)00:21:30 id:vzA
>>357
聴力の検査の中で、言葉をききとれるかって検査項目がある。
この数値が低いと脳に異常があることがあるそうだ。
鼓膜できいた音を脳で理解する、そこに問題があるとか。
耳鼻科の専門医にかかることをお勧めします。
私は耳鼻科でその検査をしてもらいました。


359: 名無しさん@おーぷん 2015/01/07(水)01:28:28 id:J2w
嫁は感音性難聴じゃない?私と症状が似てる


360: 名無しさん@おーぷん 2015/01/07(水)01:30:26 id:cDd
>>358 横レス申し訳無いですが、検査してどうでしたか?
自分も>>353の奥様と同じ用な聞き違いが多く、耳鼻科で一時的難聴?で音を聞く検査でもっと聞こえてても良いはずと言われ、鼓膜切開したりしましたが(20年程前に)
全く改善せず会話するたび人をイライラさせてしまいます。
『わかっている言語で話かけられているのに何て言われているか理解出来ない』
話していて急に『明日の○◎☆§@*&#%£¢$―だね』みたいな感じです…


361: 名無しさん@おーぷん 2015/01/07(水)02:11:39 id:hkW
>>358
嫁に聞いたところ、別日でそのような検査をしたことがあるらしいです
五年ほど前なのでまだ今ほど聞き間違えが酷くなかった頃ですが

検査の内容は録音された女性の声でランダムに五十音が発音され、それを正確に聞き取れるかというものだったそうです
一度目は普通に、二度目は雑音も混じりながらの検査で、結果は80%と50%の正答率(健康な耳だと平均100%と80%聞こえるそうです)

この結果を踏まえて医者から言われたことは
「確かに聞き間違いを良くする傾向にありますね」
だけだったそうで、具体的な改善策等は無かったそうです
原因が解らないし耳が聞こえないわけではないので改善方法もないと
仕事に支障が出ると伝えても
「音が聞こえている以上障害ではないし、普通の人と同じように仕事をするしかない」
と言われただけだったそうで、病院に行っても意味がないと思うと言っています


362: 名無しさん@おーぷん 2015/01/07(水)02:14:12 id:hkW
>>359
感音声難聴は聴力低下も伴うと説明されたので、違うと診断が下りました


363: 名無しさん@おーぷん 2015/01/07(水)07:45:58 id:eA5
私が受けたのも、>>361に書かれてるのと同じ検査です。
私の場合は言葉の聞き取りは異常なしでした。
検査を受けた病院では色々と教えてくれました。
言葉の聞き取りで異常が見られると、一番に疑われるのが脳だということ。
言葉を理解する脳の機能に異常があると思われるらしいです。

>>361の奥さんは聞きとりに異常があるのが確実みたいなので、当時の検査結果があればそれを持って専門医を受診したほうがいいと思います。

耳鼻科の専門医って本当少なくて、都内でも専門の病院は一つしかないとか。
それでも結局原因不明の方が多いようです。
私も結局原因不明でした。
右だけ鼓膜で聞ける音の範囲が少ないんです。
大変だと思いますが、がんばってください。


ソース元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その5