読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

彼の使う方言が独特すぎて悪夢になって出てきた!

冷めた瞬間
270: 名無しさん@おーぷん 2014/07/22(火)02:13:42 ID:7Z14Fbb12
学生時代から社会人になるまで付き合ってた彼氏の冷め話

私は方言の汚い地域の出身
全国ネットでよく笑われてる某県民

 


なので東京の大学に進学が決まってから東京に住んでた友人から徹底的に標準語レッスンを受けた
幸い18歳という若い脳だったので吸収も早く東京に出た頃には、訛りのない標準語を話せるようになった

同じサークルの先輩を好きになり、付き合うことになった
彼の好きだった点は、とてもエレガントで柔らかい標準語を話すところ訛りがなのはもちろん、育ちの良さも窺えた

訛りを直したとはいえ、地元の言葉はコンプレックスでレッスンまで受けて標準語を習得したので私は人一倍言葉に対して執着があったのかもしれない

おたがい卒業して社会人になり、彼は仕事が忙しかった
週末は完全に私の部屋で過ごし、平日は彼は自分の部屋には寝に帰るだけ
だったら家賃ももったいないよねという流れになり、私の住んでいた部屋は狭かったので、2人で暮らす広い部屋を借りて同棲する流れになった
それまで一週間くらいの旅行に行ったこともあったのに彼の変化は見受けられず、一緒に暮らし始めて、「あれ?」と思うことが増えた

 

ポケモン弱い奴にありがちなこと
【※問題です】ほとんどの人が誤解してる自転車の交通ルールをクイズ形式で出題してく
人を弄って笑いを取る奴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ポケモンの対戦って今まで好きなポケモンで戦うものだと思ってました


271: 名無しさん@おーぷん 2014/07/22(火)02:14:07 ID:7Z14Fbb12
彼「ちょっとチャリーンしてくる」
私「チャリーン?自転車?」
彼「チャリーンは銀行でお金下ろすこと」
私「・・・・。」

彼「シュポポしたら呼んで」
私「シュポポ・・・?」
彼「やかんのお湯が沸騰したら呼んで」

「お腹痛い」→「ぽんぽん痛い」
みたいな赤ちゃん言葉に似てるような
でも「激おこぷんぷん丸」みたいなギャル語でもなく、とにかくオリジナルな物事の呼称が変
人前では柔らかでキレイな標準語を話す彼なので友達には恥ずかしくて相談できず悶々としていた

彼氏語録

「ごはんの」    →茶碗
「フリフリ」     →胡椒
「ゴリラおやつ」  →バナナ
「びよーん」    →チーズ
「かむかむ」    →ガム
「ぷはー」     →ビール
「ちゅるん」    →そうめん
「ちゅる」     →ひやむぎ
「ちゅるりん」   →ラーメン
「赤プル」     →麻婆豆腐
「ほじほじ」    →綿棒
「キュコ」     →シャンプー
「ぱふ」      →枕
「ぱふぱふ」   →布団
「ガターン」    →自転車
「ぶうう」     →自動車
「ブーン」     →原付

思い出して悲しくなってきたので一旦切る・・・

 

272: 名無しさん@おーぷん 2014/07/22(火)02:14:30 ID:7Z14Fbb12
「うさぎちゃん」  →バスタオル
理由・姉妹のいる彼の実家にセーラームーンのバスタオルが多数あった

「コアラ」     →タオルケット
理由・幼少期にコアラの絵のタオルケットを愛用してたらしい

「おんまさん」  →靴下
理由・単にラルフローレンの靴下が多かったから・ラルフ以外のブランドも一緒の呼称

他にも膨大な数があったけど、覚えてるのはこんなもん
ちなみにテレというか、子供帰りしたみたいに楽しそう無邪気に呼ぶのではなく、ナチュラルに会話しててポロっと言っちゃった/バレちゃったの積み重ね

 

273: 名無しさん@おーぷん 2014/07/22(火)02:14:50 ID:7Z14Fbb12
ある日、私が地方都市に一週間の出張に行った
ホテルに連泊して、何日目かに彼から電話があった

私「ちゃんとごはん食べてる?」
彼「コンビニ弁当だけど食べてるよ」
私「掃除は帰ったらするから、洗濯だけお願いね」
彼「あ、おまえのおっぺけってネットに入れて洗うんだよね?」
私「おっぺけ?」
彼「おっぺけぺー♪」
私「おっぺけぺーって何?」
彼「知らないの?パンツのこと。おっぺけぺーって言わない?」

電話を受けた時、ちょうどシャワーを終えた時で私は全裸で手にパンツを持っていた
私のパンツはおっぺけぺーなんかじゃない
こんな可愛いパンツがおっぺけぺーなんて呼ばれるのは理不尽だ

なぜか自分のパンツに感情移入して悲しくなり、彼に対する愛情はスーっと氷点下に冷めていった

その夜、ホテルで悪夢にうなされた
彼が難病にかかり、うまく言葉が話せなくなり、悲しそうな顔で「おっぺけぺー」しか言えない夢

起きたらもう彼の全てがダメになって、出張から帰って愛情がなくなったと説得して別れてもらい、私名義の部屋に住んでたのでボーナスを全部新生活の諸経費として彼に渡して出てってもらった

長年忘れてたのに子持ちの友人と食事したら、ラーメンのことを「チュルチュル」って言ったのを聞いて元彼の想い出がフラッシュバックした

パンツのことをおっぺけぺーって言うのが彼の出身地の北関東T県の方言なのか、未だにわからない

 

280: 名無しさん@おーぷん 2014/07/22(火)15:28:14 ID:6CGd9yvch
>>273
トチギーを馬鹿にすると雷に撃たれるぞ。
そんなもん地元でも言わんわ。
きっとお母さんがそういう幼児語が好きで、それを大人になっても使い続けてたんだな。
マザコンの気があるから、別れて正解。

 

275: 名無しさん@おーぷん 2014/07/22(火)04:54:32 id:jdTTkj5Qw
おっぺけぺーしか言えない悪夢www
もう、なんだよwww

家庭内言語だな。
小さなコミニティで新しい言語が発生する。
有名なタオパンパなんかもそう。
普通は大人になる(外のコミニティと交流する)と使わなくなるんだがな。

 

279: 名無しさん@おーぷん 2014/07/22(火)12:52:58 id:C83PxNvJC