読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

婚活で高望みして行き遅れた結果、精神崩壊した旧帝卒の女

修羅場 婚活

8: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)13:34:03 id:Kqz9nTDcp
知り合いは現在30歳
婚活は24歳くらいから始めていた

色白のリケジョ美人…と言いたいところだが、某スポーツ選手を少しキツめの目をさせたレベル

顔面偏差値50くらい

 

9: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)13:36:53 id:Kqz9nTDcp
元々非常に優秀な女の子だった
高校時代の成績は文系科目も理系科目もそつなくこなす
どちらに進んでも将来有望と思えた
一方、恋愛には全く興味のない様子
サバサバした性格…と言えば聞こえはいいが、周りの生徒達と溶け込めていないこともしばしばあった。

 

10: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)13:41:42 id:Kqz9nTDcp
大学は結局理系の旧帝に進学した。
そこまでは良かった。
周りが浪人生活をする中、彼女は現役で合格したのだから、多少なりとも
羨む気持ちは周囲にもあったはず。
楽しい大学生活を送っている…はずだった。

しかし、転落はすでにそこから始まっていた。
その時、彼女が婚活BBAに転じるなど、誰も予想できなかった。

 


11: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)13:46:30 id:Kqz9nTDcp
彼女の転落の引き金は、大学選択の時に既にあったのかもしれない。
実は、彼女の進学した大学は、彼女の希望した学部ではなかったからだ。
どういう事かというと、彼女は今話題の再生医療に従事したかった。
が、それを研究している学部には受からなかった。
仕方なく、滑り止めで受かった別の学部に彼女は進学した。

「それでも旧帝だからいいじゃないか、就職には困らないだろう!」

周囲も彼女も、きっとこう思ったに違いない。
だが、この選択は彼女のその後の人生を大きく左右することになる。

 

12: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)13:51:13 id:Kqz9nTDcp
彼女は大学生活に馴染めなかった。
授業を受けても、興味のない分野の話ばかりで面白くない。
かと言って浮ついた同級生の学生とは、彼女の性格や価値観と合わず、ろくにコミュニケーションが取れない。
つまり、大学で友達が出来ない。

――現役で旧帝に進学したものの、何一つとして「今」が面白くない。失敗した。

 

13: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)13:54:00 id:Kqz9nTDcp
大学生活に失敗した彼女。
転がり落ちるのは早かった。
どうにか入ったゼミの内容も面白くない。
とりあえずこのままではダメだと始めた就職活動。
マイナビとリクナビに登録して、企業研究をし…

結果、彼女は最終面接を通過し、内定を勝ち取った。



派遣の。

 

14: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)13:57:18 id:Kqz9nTDcp
今では派遣でも内定を取れるだけマシなのだろう。
しかし、当時はまだリーマンショックは訪れていない。
不況の中でもまだ氷河期には至っていない時代。
その中で、新卒の彼女が正社員の道を自ら閉ざしてしまったのは、大きな失敗だった。
――なぜ、自ら、なのか。
それは彼女が派遣と知らずに、正社員と勘違いして応募し、内定をもらったからである。
企業研究を、まともにしていなかったツケであり、自業自得とも言えた。

 

15: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:00:16 id:Kqz9nTDcp
以上が前フリ。
こうして自らの選択に絶望を覚えた彼女。
彼女の思考は、徐々に、冷静な判断が出来なくなって行った。


まともに就職できないなら、永久就職を狙えばいいじゃない!


と。

 

16: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:04:04 id:Kqz9nTDcp
そもそも派遣でも収入が悪い職種でもなかったし、大学院に進学することにより、院卒という形で2年後の「新卒」を得ることも決して不可能ではなかった。

が、彼女は大学院への進学を拒否した。
彼女の進学した旧帝にはもちろん大学院も併設されているし、難しい訳ではない。
実家の経済的事情も、特に問題はない。
ならば何故?

「あんなレベルの低い学生と一緒に研究したくない」
「もっとレベルの高い大学でないと院に進学したくない」

開いた口が塞がらなかった。

 

17: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:09:27 id:ZNK7HZzlc
前フリ以前に釣りだってことが明白過ぎる
この人30歳なんだろ?
8年前の平成18~19年あたりは新卒の求人が例年に比べてかなり高くて話題になったぞ
しかも宮廷をすべり止めってのがにわかに信じられない
だいたいどこの私立に落ちたんだよ
あと派遣に最終面接とかあるの?
いきなり最終面接のはずだぞ
しかも派遣会社の人と連絡は必ず取るもんじゃないのか?
契約書にサインしなきゃいけないんじゃないのか?

 

19: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:15:13 id:Kqz9nTDcp
>>17
多少フェイクは入れているが、釣りではない。
そしてその時代は確かに求人率が良かった。
それでも彼女は失敗したんだ。
大学での成績は知らないが、留年こそしなかったものの、あまり良くはなかったらしい。
おまけにゼミでの人間関係も最悪で、教授からも嫌われて推薦が貰えなったとか。

人間関係についてはあまり書かなかったが、御察しの通り、
・相手に求める気遣い、思いやりのレベルが高い
・その割に彼女自身にそれらが欠けている
・プライドが高く、相手を見下しがち
というものだったから、まぁ上手くいくはずもない。

 

18: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:10:45 id:Kqz9nTDcp
そして彼女は派遣の仕事をしながら婚活を始めた。

当時の彼女のスペック。
年齢:23歳
年収:250万
学歴:旧帝理系卒(学士)
職業:派遣

彼女が相手に求めるスペック
年齢:23~33歳
年収:1000万以上
学歴:4大卒以上
職業:海外出張があるエリート職
その他:結婚後は専業主婦希望


婚活BBAのテンプレかと思った。

 

23: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:24:43 id:Kqz9nTDcp
お見合い、婚活パーティ、合コン、婚活サイト(会社)への登録…
あらゆる手段でそして婚活をはじめた彼女。
その彼女から出てきた言葉は、耳を疑うものばかりだった。

・ケース1:年収450万、自営業30代後半男性の場合
ハゲてるから嫌。

・ケース2:年収不明、25歳銀行マン
眉毛つながってるから嫌。

 

26: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:31:10 id:Kqz9nTDcp
それ以外にも出てくる言葉は、相手の否定の言葉ばかり。
多くは容姿に関するものだった。
髭が濃いから嫌
目つきが嫌、
デブは嫌

…等々。

出てくる言葉は

「あーあ、藤木直人か福山雅治みたいなイケメンっていないのかな?」

 

32: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:40:58 id:pO3IRnEPb
おい早く続けろよwww
おもしろいぞwww
お前大学行ってないだろ?www

 

33: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:45:14 id:Kqz9nTDcp
じゃぁ続けるか。

彼女は自分磨き(笑)に走った。
まともな男が近寄ってこないのは、自らの容姿のせいである、と信じて。
美容院にも頻回に通い、エステ、御稽古(笑)にも励んだ。
服やコートは数回袖を通すともう着ない。
1着数万円もするものもあったというのに。

男には年収を求める、だから女である自分は容姿と若さを武器にしなくてはならない。

これが彼女の持論だった。
その時、すでに年齢は25を越えていた。

 

34: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:50:08 id:Kqz9nTDcp
自分磨きや、度重なるお見合いで、彼女の貯蓄はほとんどなかった。
だが、彼女はそれがいつしか永久就職に繋がる投資であると信じて、止めなかった。

お金がない
婚活もやめれない
若さを武器にしていたが、年齢だけが増えていく
年齢に反比例し、やってくる縁談もクオリティが下がる


いつしか、彼女が過去に「お断り」した条件よりも、低い条件の縁談しかやって来なくなった。

 

35: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)14:57:43 id:Kqz9nTDcp
それでも彼女は婚活を続けた。
少しは現実を見たのだろうか、相手に求める条件は年収500万以上に下がっていた。
それでも、相手を「見る目」は変わっていない。
・鼻毛が嫌
・アイコンタクトが出来ない人だから嫌
等々。
いくらお見合いをしても、出てくるのはマイナス面ばかり。
相手の良い面を見ようとしない。

それではダメだと、もう少し現実をみろと、私は何度も彼女を諭した。

実の姉に向かって。


そして、ついに30を超えた彼女が、壊れる日が来てしまった。

 

36: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:00:44 id:Kqz9nTDcp
彼女とは、私の実の姉だった。
フェイクを入れたのはそのため。
スレタイに「知り合い」としたのは、絶縁予定だから。

なぜ絶縁予定なのか。
それは彼女が壊れたことに関係している。

 

37: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:05:20 id:Kqz9nTDcp
彼女と歳の離れていない私は、彼女と比べてあまり出来が良くなかった。
彼女は現役で旧帝に入ったが、私は浪人して私立大学に進学した。
親にも、多少白い目で見られた。
「お姉ちゃんとちがって貴方はお金がかかって困る。」
と何度言われたことか。

それでも、私は自分の希望する学部で勉強できたし成績も可もなく不可もなく、新しい友人もそれなりに出来、ごく普通の大学生活をし、リーマンショックの煽りを受けながらも、卒業時に取得した資格のおかげでなんとか地元の小さい会社に就職できた。

 

38: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:16:20 id:Kqz9nTDcp
そこで生涯の伴侶と思える男性と知り合うことになる。
同じ会社で働いていた訳ではないが、同じ業界で話も合う。
見た目は世間的には普通以下なのであろうが、とても優しく、思いやりもありユーモアにあふれ、私にとっては素敵な人で間違いなかった。
そして私達はごくごく自然に付き合うこととなった。

当時、彼女(姉)は絶賛婚活連敗中、という時期でもあった。
このため、私は自身の口から「お付き合いしている人がいる」という事実を告げたくなかったのだが、後にしこりを残すこともしたくなかったため、事務的にその事実を告げた。

彼女は、非常に驚き、根掘り葉掘り聞いてきた。
写真は?年収は?年齢は?
――私は年収なんて知らなかったが、同じ業界であるため、予想される年収を答えた。

「350万!? そんなの、生活を維持できるレベルじゃない! 見た目も…w」

完全pgrされた。

39: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:23:35 id:Kqz9nTDcp
とりあえず、交際報告時点では、彼女の精神状態に特に問題はなかった。
結論から言うと、結婚報告でも、特に問題はなかった。
散々pgrされたが、私にとってはどうでも良かった。

彼女は私の結婚報告をした段階で29歳だった。
年収550万の金融企業勤めの男性を
「デートが割り勘だから」
という理由でお断りする程度に、通常運転だった。

話は脱線するが、彼女は常に女王でなければならない。
・デートは男性が全額出すもの。
・デートに軽自動車はあり得ない。
・常にレディーファースト。
・今の生活(服飾美容につぎこんだ生活)を維持させる包容力が必要
等々。

もちろん、割り勘を迫られたら支払いこそするが、
「100円も私に多く出させた!」
と騒ぐ一方で
「あっち(見合い相手)が100円多く出したくらいで、奢った気になってるのがムカツク!」
という矛盾した被害者意識も持ち合わせている、面倒な女性の典型だった。

 

40: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:26:12 id:Kqz9nTDcp
何はともあれ、私にとっては幸いなことに、結婚式終了までは特にトラブルなく経過した。
婚活をこじらせた彼女が何かするのではないかと、内心疑っていたからだ。

が、私の結婚式が終わった直後から、彼女の縁談状況が変化した。
そう、年齢が29歳から30歳という大台に乗ったのだ。

 

41: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:28:58 id:Kqz9nTDcp
29と30では1歳しか変わらないが、これは実はとても大きいことらしい。
婚活サイトでも、検索に「25~29」「30~35」というチェックボックスがあるように、データベース上の分類が異なってしまうから、らしい。

そうして、彼女に来る縁談の条件は、以前よりも増して悪いものになっていった。
そもそも、彼女の望む条件に合う縁談の数自体が少なくなっていた。

 

42: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:32:18 id:Kqz9nTDcp
その時期から、少しずつ、以前よりも増して彼女の精神状態は悪くなっていたらしい。
らしい、というのも、結婚してから実家を離れていた私は、彼女の様子を以前ほど把握できていなかったからだ。

そしてその頃、私は主人との子供を身籠った。

 

43: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:34:44 id:Kqz9nTDcp
私が妊娠してすぐの時期、実家に妊娠報告をしに帰った。
彼女――姉もいた。
以前と比べ…目つきがギラギラして、でも服は高そうなものを着ていて、そんな姉だった。

少し嫌な予感がしつつも、リビングで私は妊娠報告をした。
電話では何も言っていなかったから、親にも、姉にも、初めてそこで妊娠について話した。

その瞬間、姉が壊れた。

 

44: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:38:01 id:Kqz9nTDcp
壊れる、という表現でいいのかは分からない。
まずは号泣された。
呑気な親は「嬉しくて」泣いているものかと思ったらしい。
でも実際は違った。
号泣しながら、机に並べられたケーキ皿を私に向かって投げてきた。
ガードしたものの、私の顔面下あたりに直撃。
グチャグチャになったが、お腹には当たらなかった。

親は激怒。
主人は茫然。
私も唖然。
姉は号泣し、身近にあるものを投げようとする。

まさにカオス。

 

45: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:39:07 id:Kqz9nTDcp
とりあえず、逃げるように私たちは実家を後にした。

その後、色々あったが…結論から言うと、彼女は風呂場でリストカットした。

 

46: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:40:51 id:Kqz9nTDcp
もちろんリストカットで死ねる訳もなく、今は実家で以前と同じようにして暮らしている。
通院はしているらしいが、あまり詳しいことは知らない。
婚活も、続けているらしい。

 

47: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:43:36 id:Kqz9nTDcp
何故このスレを立てたかと言うと、世の中の女性に婚活をこじらせるとこんなことになりかねないぞ、と伝えたかったから。
身内の恥さらしになるが、少しでも伝われば幸い。

見ている人いないと思うけど、答えられる範囲で質問に答えます。

 

48: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:44:57 id:UWeiKvD2c
子供平気だった?

 

49: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)15:46:14 id:Kqz9nTDcp
>>48
投げられたものはお腹に当たっていなかった。
しばらくストレスで子宮収縮の痛みがあったけれど、今のところ問題ない。

 

50: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)17:34:43 id:YToP15nR6
ただの悪口を書いてるだけじゃん
モデルは今話題のオボちゃんだろ?
年齢も一緒だし
宮廷で東大と京大以外なら、残る5校の内の大学でしかも理系
この辺の大学に行く奴って冗談でも派遣社員なんかしないぞ
というか、派遣がどんな仕組みなのか理解してるのか?

婚活をこじらせるとこんな末路になりかねないって書いてるけど、それ婚活が原因の話しじゃないじゃん
もともとおかしい姉の話じゃんね
高校ぐらいからおかしい兆候も出てるし

 

51: 名無しさん@おーぷん 2014/08/06(水)19:14:57 id:Kqz9nTDcp
悪口…そうかもしれないな。
完全に姉妹の縁を切る前に、客観的に振り返るつもりだったんだけど。

姉が壊れた時に放った言葉を箇条書きにすると
・子供が早く欲しかった
・子供を産むためにその相手を早く探そうと思った
・子供に英才教育をさせるためには、年収がある男じゃないと無理だった
・30過ぎて独身で働くのは嫌だ
・どうして私は結婚できないんだ
・どうしていい相手が現れないんだ
・どうして私が先に結婚して妊娠できなかったんだ
・あんたが幸せになる分、世の中の幸せ成分が減って私が不幸になる(意味不明)

ちなみに派遣は上にも書いた通り、正社員型派遣らしい。
その後転職を重ね、割と早々に理系とは全く関係のない仕事に切り替えていた。
親は知らないと思うが、「広く世の中を知るため!」と言ってガールズバーのバイトもしていたいらしい。
単に金銭的に困っていただけでは、と思うが。

 

52: 名無しさん@おーぷん 2014/08/07(木)17:05:53 id:C7R81Bai3
うん早く絶縁したほうがいい
その姉こじらすぎていろいろ危ない事になってる。
いくら旧帝でもアラサーではよくて妹旦那と同じスペックの男しか捕まえられないだろう

全力で逃げて幸せになってね

 

53: 名無しさん@おーぷん 2014/08/07(木)17:27:45 id:y9H2d2Jgu
婚活ババアを見ていて思うのは、自分の幸せばっかで他人の幸せを思わないことだな。
自分より相手をいかに喜ばしてあげるかが男も女も大事さ。

 

ソース元: 婚活BBAとなった知り合いの話

関連記事

◆【30代婚活】男は40歳前に父親になり、女は35歳までに出産してないと厳しい
【調査】年齢別に見た、結婚相手との希望年齢差の構成
【30代婚活】2ちゃん見てたら年齢にコンプレックス持つようになって卑屈になってる
【pairs(ペアーズ)】1回目のメールで「よかったら暇なときに遊ぼうよ!」と書いたらフラれた
【IBJ婚活】30後半の公務員♂だが、婚活もう疲れた