毒女婚活ちゃんねる

アラサー毒女の恋愛&婚活まとめサイト。 男女の本音を知って婚活で勝ち抜くノウハウをまとめてみました。

【恋愛相談】彼氏からのプレゼントが健康器具だなんて私っておばちゃん扱い?

present-k91
ソース元 http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/1226/635453.htm?o=0


恋人や友達に何かプレゼントをする時には何かと気を遣うもの。
冠婚葬祭のご祝儀、香典などの一般常識とは違い、プレゼントには特にこれといった決まりがない。
世間では普通これくらいだろうという考えが意外に自分の思い込みなだけの場合がある。
今回紹介するのはそれを象徴するカップル間でのプレゼントに関する質問。
komati2

某掲示板の内容は下記の通り。
30代女性ですが、付き合って半年の20代後半の彼氏がいます。
私はクリスマス(彼の誕生日も兼ねる)に、ブランド小物と手袋(計5万)をプレゼントしました。
私には何をくれるのだろうとわくわくしていたら、健康器具の電化製品をもらいました。
金額の違いは問題ではなく、30代だからおばちゃんみたいな物をくれたと思うとショックでした。
嘘をつくのはイヤなので「おもちゃのアクセサリーでもいいから女の子らしいものがほしかった」
と彼に正直に伝えました。私の気持ちを分かってほしいです

それに対する肯定的なレス
・分かる!付き合い始めのクリスマスで電化製品はないよね
・私だったら気がないのかと思っちゃう
・よい彼氏さんですね
・彼氏さんは女心に疎いだけ
・私は初の誕生日に毛穴の脂取り機をプレゼントされて衝撃でした
・「今度はずっと身につけてられるものがいいな」と言い方に気をつけて伝えればいいと思う
・普段から「疲れた」と言ってたのを気遣ってくれたのかもよ?
・健康器具はおばあちゃんみたいじゃなくて健康を気遣ってくれてるとポジティブに受け止めて

一方、厳しい意見
・あなたは男心に疎いんだね
・半年しか付き合ってないのに察してちゃんはダメ。
・事前に価値観のすりあわせは必要
・人様からいただいたプレゼントにケチつけるなんて下品
・そんなわがままな事言ってたら今の彼氏逃して婚期逃しますよ。
・あげた物の値段を挙げてるところを見るとおもちゃのアクセサリでも文句を言ってたと思う
・俺なら交際期間半年の彼女から5万もするプレゼントを受け取りたくないな
・気に入らないんだったらオークションに出せば?

相談した女性は、自分がプレゼントしたものが高価なものに対して彼のプレゼントが彼女の期待にそうものではなかったことについて、共感してもらいたかった。
でもそれはあくまで彼女の主観でしかなかった。

相手にあげるプレゼントの価格と年齢から、トピ主のばりばり働く女性像が浮かぶ。
今までの彼氏とは高価なプレゼントを交換しあってきており、今回のようなケースは初めてで言わずにいられなかったのかもしれない。
友達も同意見であることから、改めてネット上でも共感を得たかったものと思われる。
ただし友達の意見というものはあまりあてにならない。
友達だから厳しい意見は言えないし、贔屓目で見てくれるし、基本同じ価値観同士だからだ。
これがばりばり働く毒女の女子会で話したら、そんな男とは別れちゃえ!
とさらにあおられていたかもしれないのだ。

彼女に共感する意見も少なくなかったため、男女の相互理解のためには誰もが通る道だろう。
「30代にもなってそんな幼い考えをもっているのか」と責められているが、そういう世界にしか生きてこなかった人はいくら年をとっても永遠にそのままだ。
政治家が一般ピープルのことを永遠に理解できないのと似ている。
今回ここで相談したのはプラスになったのではないだろうか?

まずかったのが、みんなの意見に対するピ主さんのレス。
「いろいろな価値観があるんだと思いました。気付かせてくれてありがとう」
とここまでは30代女性らしい対応だが、
「後日指輪をプレゼントしてもらいました。私には似合わないけど好きなアクセサリです」
と、書かなければいいのに、やはり一言何かを言わないと気が済まない様子。
これに対してまた非難があった。
心の中で思っても、外に出さなければそれほど問題ないと思われる。
もらったプレゼントにケチをつけるつもりはなくても「う~ん」と首を傾げてしまう経験は誰にでもあるはずだ。

かくいう私自身も、相手からもらったプレゼントに対して、心の中では「え?なぜこれを選んだの?」と思うことがよくあった。
6畳の部屋なのに1畳用の空気清浄機をもらった時や、自分に似合わないアクセサリーをもらった時だ・・・。
全くトピ主と同じ気持ちだった。
それは体験談にも書いている通り(マザコンマイケルオレオレ稲葉さん

それを相手に伝えることはなかったが、やはり疑問を持ち友達には相談したものだった。
友達への相談は無意味だと言っておきながら、やはり頼りになるのは友達だったりする。

試しに、私も同じく恋愛相談してみようか。
もうとっくに終わった恋愛だけど(笑)。